ぶどうの皮についている白い粉の正体は?

おはようございます。

好きな食べ物は一番初めに食べる派の唐澤です。

 

 

ぶどうの皮についている白い粉は、農薬だから洗い流さなくっちゃと思っていました。

 

_DSC3551

 

どうやらそれは違ったようです。

 

皮の表面に付着している白い粉のようなものは、果実に含まれる脂質から作られた天然物質が表面に出てきたもので、ブルーム(果粉)と呼ばれています。

 

果実の表面のブルームは、雨や朝露などの水分をはじいて、果実の病気を防いでくれます。また、ぶどう自身の水分を保護し新鮮さを保つ働きもあるので、この粉がまんべんなくついてるぶどうは鮮度が良い証拠です。ブルームは、水に溶けず変化しにくいので、温度や湿度など、環境の変化から果実を守っています。ぶどう農家は、白い粉を落とさないように丁寧に収穫して出荷しています。

 

農薬ではなく、こんなにも良いものだったなんてびっくりです!

 

新鮮さを保つために、ブルームは食べる直前まで洗い流さずにおいてくださいね。

© 2017 株式会社ダイナミックフルーツ.