りんごの蜜の正体は。

おはようございます。

季節の変わり目の寒暖差に風邪気味の為、ビタミンC摂取を理由に大好きな果物ばかり食べている唐澤です。

 

さて、今日はりんごの蜜のお話。

「蜜のいっぱい入ったりんごはおいしい」という言葉を聞いたことがある方は多いかと思います。実際、蜜がたくさん入っているりんごは美味しいです。では、この蜜とは一体なんでしょうか?

りんごの蜜

画像のように、果肉の断面の中心に見える透き通った黄色い部分が「蜜」です。「蜜」の正体は、ソルビトールという糖質の一種です。ソルビトールとは、葉の光合成によって作られる物質で、成長段階において葉から軸を通ってどんどん果実内に運ばれます。ソルビトールは果実の中で、りんご本来の甘さを生み出す果糖やショ糖に変換されます。

しかしりんごが完熟すると、ソルビトールは糖分に変換するのをやめてしまい、そのままの状態で水分を吸収します。これが、「蜜」になるのです。つまり蜜が入っているということは、これ以上糖に変換しなくても良いという状態まで完熟しているので、「おいしいりんご」ということになります。ただ、ソルビトール自体はショ糖や果糖の5割から6割程度の甘さしかないので、その部分だけを食べてもあまり甘くは感じません。

 

りんごをカットした時、「蜜」がたっぷり入っていると嬉しくなります。そんな「蜜」の正体、いかがでしたでしょうか。ぜひ今年も美味しいりんごをたくさん食べて下さいね!

1 / 212
© 2017 株式会社ダイナミックフルーツ.